ワンオペ育児やイクメンって言葉、実は結構うざい!?

アイキャッチ

  • ワンオペワンオペってどれだけワンオペ育児って言えば気が済むの?
  • イクメンイクメンってどれだけイクメンって言えば気が済むの?

こんな風に思っていませんか?

 

当ブログでも時々出てきた言葉ですが、今更ながら正直違和感を感じる言葉ではあります。

…というかリアルで聞いたことあります?

ワンオペ育児って言葉はうざい!?

ワンオペとは、レストランなどで1人で業務を担当しなければならない「ワンオペレーション」の略です。

ママやパパが1人で育児を担うことがワンオペレーションの俗語として「ワンオペ育児」と呼ばれ、2017年には「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされました。

 

中年パパ

当時は知らなかったです

 

そんなワンオペ育児ですが、実際に口にすると「うざい」と思われてしまう可能性があるので注意してください。

ワンオペ育児という言葉がうざい理由

ワンオペ育児かどうかは周りが評価するのであって、自分のことを表現する言葉ではありません。

 

だから自分のことを表現するのに用いるとうざく感じます。

例えば自分で「うちはワンオペだから大変でー。」とか言っている人に限って専業主婦だったりしませんか?

 

専業主婦なら昼間は当然一人での育児になりますし、それは単に役割分担であってワンオペ育児でも何でもありません。

そういう人にワンオペ育児とか言われるとうざいと感じてしまいます。

イクメンって言葉はうざい!?

「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。

実際には、育児に積極的に参加できていなくても、将来的にそうありたいと願う男性も含まれる。

2010年6月、長妻昭労働大臣が少子化打開の一助として「イクメンという言葉を流行(はや)らせたい」と国会で発言し、男性の子育て参加や育児休業取得促進などを目的とした「イクメンプロジェクト」を始動させたのをきっかけに、同語は一気に浸透した。

引用:コトバンク(kotobank.jp)より

 

中年パパ

イクメンの歴史は結構ありますね

イクメンがうざい理由

ワンオペ育児と全く同じでイクメンかどうかは周りが評価するのであって、自分のことを表現する言葉ではありません。

だから自分や身内のことを表現するのに用いるとうざく感じます。

 

自分のことを「俺ってイクメンだからー。」という人はまずいないでしょうが、万が一いたらそれはやめましょう。

うざいです。

 

旦那さんのことを「うちの旦那さんイクメンパパだから…」とか言ってしまう人はいるかもしれませんね。

うざいです。

ワンオペ育児とイクメンという言葉は撲滅すべき

究極に目指すところはワンオペ育児もイクメンもない社会じゃないでしょうか。

そんな言葉を使う必要がないくらい、ワンオペじゃ無くなってイクメンと呼ばれる人が普通になっていくのでしょう。

まとめ

ワンオペ育児やイクメンという言葉で、自分のことを言う人はほとんどいないと思います。

それでももし心当たりがある人がいらっしゃったら今すぐそういう言動はやめましょう。

うざいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です